2016年を振り返った

転職に至るまで

2016年一番大きな出来事は転職だった

子供が生まれて1年が経とうとしていたところ、家族の後押しもあり転職する事にした

いい加減いい歳での転職なので、安定した会社に入らなければならないと感じて
いわゆる大手狙いで転職活動をし、いくつか内定も頂けた

本当に規模が大きな話が繰り広げられており、
きらびやかな世界だったが理想のエンジニアから遠ざかってる印象を受けた

そこで思い切って今まで憧れているだけだった Fusicに転職をチャレンジしてみた
結果入社させて頂き、本当に嬉しく、様々な領域に踏み入る事が出来る環境に感謝している

転職してから

転職後はひとまず会社に慣れる事から始めた
今までWEB上で見かけて試して終わりだった技術を使うようになり本当に楽しかった

やはり技術を使うのがとても好きだと実感したのを覚えている

実績を残す人達の後ろ姿を見る

そんな環境にいれば自然と欲が出てくる
更に技術を吸収すべく勉強会への参加を再開する

その中で感じた事は様々な分野で「実績を残している人」が身近にいることだ

弊社にもawspecを作っているk1lowfaultlineを作った

構想を社内情報共有ツールで見たときから良いものだと思っていたが、使ってみると更に良さを実感出来た

その他にも前々職で少しだけ同じプロジェクトにいた同年の方とたまたま再開して   凄まじい勢いで実績を残して出世したところを見た

TL上で同じ福岡にいるはずの人が多大な実績を残しているのを見ていた

同じエンジニアなのにと憧れと焦りと悔しさを覚えた

その人達には共通している事があった、みんな手を動かしていることだ

2017年やるべき事

自分は技術を利用する側にいる、エンジニアは創り出す事が出来るのに

2016年感じた事を繰り返さないためにも、手を動かさなければならない
そしてなんでも良いので認められる実績を残す
これが2017年にやるべき事だ

Written on January 1, 2017