blog.seike460.com

Macにanyenvを使ってelixirをインストールする

date: 2018/08/05

tags: Elixir 

開発環境をDockerを使わずに構築したので忘備録

Dockerを使うと、すんなり準備出来てしまって何が必要かほとんど把握出来なかったのと
手元のMacですぐ確認したい事ありそうなので、手元で構築してみようと思いました

anyenvをインストール

exenvでバージョン管理したいので、anyenvを使います

github.com

READMEに書いてますが、インストールしてない人は以下で設定してください。(zsh用です)

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.zprofile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zprofile
$ exec $SHELL -l<Paste>

anyenv-updateもインストールしていた方が良いと思います

github.com
$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update

erlenvをインストール

$ anyenv install erlenv

新しめのerlangをいれます
erlenvは install コマンドがなくてmake するっぽい
ファイルを落としてインストール
javaとかいろいろ入れてるのは、途中でエラー出たので、随時追加しました
—with-sslはMacのbrew管理してるopensslを利用したかったためです

http://www.erlang.org/download にてダウンロードするerlangを決めます

今回は20.3

$ wget http://www.erlang.org/download/otp_src_20.3.tar.gz
$ tar zxf otp_src_20.3.tar.gz
$ cd otp_src_20.3
$ brew cask install java
$ brew install unixodbc wxmac fop
$ ./configure --prefix=$HOME/.anyenv/envs/erlenv/releases/20.3 --with-ssl=$(brew --prefix openssl)
$ make
$ make install
$ erlenv global 20.3
$ erlenv rehash

exenvをインストール

$ anyenv install exenv
$ exenv install -l ← 1.7.1が最新だった
$ exenv install 1.7.1
$ exenv global 1.7.1
$ elixir -v

anyenvとかDockerとか環境構築が楽になったなーとしみじみ思いました。

開発には普通にDockerを使おうと思います


@seike460

Written by @seike460 Tech Slides: slide.seike460.com Tags: List