blog.seike460.com

2020年の抱負

2020/01/01  poem 

はじめに

まずは2019年の振り返りで感じていた課題と気付きを纏めます

課題

登壇によるアウトプットの質と量を目標に活動していました

その中で、質と量に関して2つの課題が見つかりました

  • プロポーザルが採択されたとは言え、質が高い登壇になってるかはわからない
  • 登壇量の多さ及びその他活動量は、登壇の質をダイレクトに下げる事に繋がる

昨年は6箇所のカンファレンスにて登壇させて頂いたり、
カンファレンスにスタッフを3つ、カンファレンスを一つ主催しました
単純に参加したカンファレンスも2つあります

カンファレンスに様々な形で関わる中で、影響を与える人の存在が大きくなってきました

影響力

正直上げていくときりがないので絞りますが、僕のロールに合わせて考えると
PHPカンファレンス界隈で言うと次の様な人を目標とすべきと考えていました

昨年からロールモデルとして目標にして更に飛躍していた@soudai1025さんと@hgsgtkさん
本人がイベントを一番楽しみ、創っている@tomzohさん、コミュニティ運営力、影響力の高い@akase244さん

上記のような僕が目標とすべきロールを持ってる人以外にも様々な影響力を持ってる人がいました

同じカンファレンスに登壇しているとは思えない程の人の熱を引き出せる技術トークが出来る@uzullaさん
僕の観測の範囲内では、◯◯でJVMを実装するを流行らせた@m3m0r7さん

皆さん強い個性人を引き付ける力を持ち、結果として影響力を持っています

あえて普段よく参加しているPHP界隈で絞りましたが、
他のカンファレンスでも強烈な個性、影響力を持ってる方がいらっしゃいます

僕は昨年よりエバンジェリストという役職を渡されています
その僕が外部影響力が低いというのは正直考えものです

自分の個性

一方で僕の個性、強みをあげようとしても、自分自身が自身を持ってコレだと言える個性がありません
あるとしたら、行動障壁の低さと思っていましたが、昨年は圧倒的差をつけられました

自分自身、とりあえずやる、障壁はやりながらクリアするというスタイルでは限界を感じました

戦略的に自分自身の影響力を高める方法を考えるべきだと考えています

まずは高い影響力を持つために、自分の個性になりうる技術が欲しいと考えています

自分自身が天才では無いと理解している為、属性を絞り、反復を繰り返し、影響力を高める必要があります

僕の属性はServerless、PHP、Goです。
これらの属性をより深化させる事が必要だと考えます

深化

それぞれの属性を上手く利用して技術に深みを出す為には
Serverlessを軸にするのがわかりやすい個性だと思います

Serverless Architectureの各言語への適用を主軸に、
クラウドネイティブなアプリケーション構築を提案出来る様になりたいです

その為には良質なインプットをどの様に確保するのかを考えます

良質なインプット

良質なインプットを得るために以下を実践しようと思います

カンファレンス登壇による強制かつ濃密なインプット

これは本当に必要とされずに一切採択されなくなるまで続けていきたいと思っています。
僕の憧れている人達と同じ影響力を持つこと自体が僕の長期的な目標であるためです。
ただ最初に触れた、僕自身が楽しめなくなる状況を回避したいと思ってます。
その為に常に継続的なインプットを得たいと思っています

登壇以外の方法による継続的なインプット

僕の得たい知識は以下の2つに分類されると思っています

  • 体系的な知識
  • 実践的な知識

この知識を得るために、次の方法を取ります

体系的な知識

ブログを週に一度書くことにします。
辛い事を続ける事は行いたくないため、内容、質には一切こだわりません。
また、仕事と外部活動が重なりいっぱいいっぱいになる瞬間はあると思います。
なので、最終的に2020年の週番号である53記事書けば良くて、毎週記述する必要は無いものとします

実践的な知識

実践的な知識を得るために、会社のプロダクト及びお客様に構築したシステム経験はとても良質です。
一方で最適なアーキテクチャに変更可能なServerlessのメリットを試すリスクを外に置きたくありません
従って、自分自身でサービス構築するのが手っ取り早いです。
どんな無様で無意味で自分よがりなもので良いので、サービスを構築することを目標とします

目標設定

4カンファレンスでの登壇

昨年に引き続き、4カンファレンスでの登壇を目標とします
但し、を意識したいので必ず登壇後、アンケートを行うものとします

ブログを53記事書く

前述の通り、内容と質は一切こだわりませんが、継続的なインプットの為に53記事を目標とします
但し、継続的に行う事は目標の一つなので、4月に15記事、8月に30記事を書いてない場合は未達とします

サービスを作る

前述の通り、どんな無様で無意味で自分よがりなもので良いので、サービスを構築します

目標にはしないが努力すること

  • コミュニティへの貢献

コミュニティ、カンファレンスの運営力というものは、仕事力に通ずるところもあり自分自身得る物が多く、
コミュニティの貢献は、非常に意義ある事だと思います

Serverless、PHP、Goへのコミュニティ貢献を福岡を中心に行いたいと考えています

  • Fusicの社員を外に出す

Fusicにはとても優秀な社員がいっぱいいます。
僕がコントロール出来る範囲で、もっとFusicの名前が広がる様に内部影響を広げていきたいと考えています

ということで

昨年よりもまともに戦略を考えてますが行動障壁の低さは自分の長所だと考え、
やらず後悔よりやって後悔を掲げて頑張ろうと思います

皆様今年も宜しくお願い致します


@seike460
Written by @seike460
TechSlides
TagsList